インプラントとは

快適な毎日を約束するインプラント

思いもよらない事故や虫歯、歯周病で歯を失ってしまった場合、歯の機能を補うために「補綴治療」が必要になります。補綴治療といえば、入れ歯を思い浮かべる方が多いと思いますが、最近はこの選択肢のほかに「インプラント」という治療法が注目されています。

インプラント治療とは、手術にて歯を失った顎の骨の部分に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上からセラミック製の人工歯を取りつけ、本物の歯と変わらない見た目や噛み心地を再現する治療です。当院では、インプラントとして信頼性が高い「HAインプラント」を採用。食事や会話を楽しめて快適な毎日をお約束できる、質が高い丁寧な治療をご提供しています。

HAインプラントとは

インプラント治療では、インプラントをしっかりと顎の骨に固定させるために十分な骨量を必要とします。骨量が不十分だと、しっかりと固定できなくなることがあり、インプラント治療そのものが失敗に終わってしまうことがあるためです。

骨量が少ない方のために骨量を増やす「骨再生治療」がありますが、手術をともなううえに治療期間も長引くため、心身的負担や金銭的負担は大きなものとなります。

こうした負担を避けるために、当院では「HAインプラント」を採用しています。これは、チタン製のインプラントをHA(ハイドロキシアパタイト)でコーティングした二重構造のインプラントです。

HAインプラントの一番の特長は、歯や骨の主成分と同じ物質がコーティングされているため身体によりやさしく、より早くかつ強固に顎の骨に固定できることです。骨密度が低い方や糖尿病を患っている方でも抜歯と同時にインプラントを埋入できる「抜歯即時インプラント」が可能になります。何度も手術をする必要がなく、短い期間で治療が完了するのも大きなメリットです。

HAインプラントのメリット

短い治療期間

通常のインプラントを用いた治療では、歯ぐきを切開するため傷口が治るのに時間がかかりますが、HAインプラントを用いた治療では、手術の回数が減って治療期間も短縮されます。

ストレス対策

通常のインプラントを用いた場合、顎の骨が足りない際に事前に顎の骨を再生させる処置が必要になります。最低でも2回の手術が必要になり、患者様の心に少なからずストレスを与えてしまいます。ですが、HAインプラントでは顎の骨が足りない場合でも骨再生治療が不要。少しでも患者様にストレスがかからないように配慮できるのです。

抜歯即時埋入が可能

HAインプラントには「骨誘導能」という骨と結合しやすい性質があります。顎の骨との結合が早くなるために、抜歯即時埋入の手術が可能になります。

見た目の早期回復

前歯などの目立つ箇所でのインプラント治療の場合、通常であれば複数回の手術により見た目が長期間損なわれるおそれがありましたが、HAインプラントの場合は1度の手術で済むため、手術箇所の見た目を早期に回復できます。

最短のインプラント法「抜歯即時インプラント」

Page Top

手術中痛みを感じないって本当?

インプラント治療では、歯ぐきを切開し、顎の骨に穴をあける手術をともないます。一見、「切る」「穴をあける」というドクターによる説明に「痛いに決まってる……」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ご安心ください。当院では麻酔医立ち会いの下、痛みを感じさせないさまざまな麻酔法を採用しています。

局所麻酔法 虫歯治療や親知らずの抜歯などにも用いられる麻酔法です。意識ははっきりとしており、振動や感触、圧迫感はありますが痛みは感じません。
静脈内鎮静法

点滴で麻酔液を静脈へ入れることで、眠っているような状態へと導く麻酔法です。局所麻酔と併用することで、不安も痛みを感じることなく手術をお受けいただけます。

うっすらと意識はあるため、手術中の声がけには反応するものの、手術後には覚えていない方も多いようです。もちろん、身体への負担もありません。なお、麻酔が切れるまでに時間がかかるため、術後は車の運転ができません。ご注意ください。

「治療を受けたい」といったらすぐ受けられる?

インプラント治療は手術をともなうため、事前の診査が欠かせません。当院では、口腔内や顎の骨の状態を詳細に把握するためのさまざまな診査を行い、最適な治療計画の立案に活かしています。

当院の診査内容

口腔内検査

虫歯や歯周病の有無をくまなく調べます。虫歯や歯周病が見つかった場合は、優先して治療を行います。

口腔内検査

噛み合わせが乱れていると、せっかくインプラント治療で装着したクラウンが台無しになってしまうことがあります。それだけでなく、口腔内トラブルや、全身の健康を脅かすトラブルを招く原因になることも。事前に咬合チェックを行い、必要があれば優先して噛み合わせを整えます。

口腔内検査

全身疾患をお持ちの方は、インプラント治療を受けられないことがあります。自己申告だけに留まらず、インプラント治療が可能かどうか血液検査などの全身的検査を行います。

口腔内検査

インプラントに使われている「チタン」はほとんどのケースでアレルギーを起こさないといわれていますが、稀にアレルギーを引き起こすことがあります。本当にアレルギー反応が出ないか、パッチテストを行います。

口腔内検査

インプラント治療では、インプラントを固定するための顎の骨の量や幅が必要になります。パノラマレントゲンやCTなどを用いて顎の骨の状態を詳細に調べます。

顎の骨が足りなかった場合

インプラント治療に十分な顎の骨の量・幅がなかった場合、以下のような骨造成法を行いインプラント治療を可能にします。

サイナスリフト

サイナスリフト

インプラントを埋め込む部分の上顎の骨の厚みが1~5mmの場合に採用します。「上顎洞(じょうがくどう)」という上顎にある空洞を覆う歯肉をはがして底部を持ち上げ、できた空間に骨補てん剤を注入し、インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。インプラント埋入前に行う場合と、インプラント埋入時に同時に行う場合があります。

ソケットリフト

ソケットリフト

インプラントを埋め込む部分の上顎の骨の厚みが4~10mmの場合に採用します。インプラントを埋入する穴を利用し、「上顎洞(じょうがくどう)」という上顎にある空洞の底部を押し上げて骨補てん剤を注入し、インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。サイナスリフトのように歯肉を切開する必要がなく傷口が小さく済むため、手術の痛みや腫れを軽減できます。

GBR

GBR

インプラントを埋め込む部分の顎の骨幅が足りない場合に採用します。顎の骨幅が足りない部分に「メンブレン」という特殊な膜を入れて骨よりも再生スピードが早い歯肉の侵入を阻止してスペースを確保し、人工の骨補てん剤や自家骨を詰めて骨の再生を促します。インプラント埋入前に行う場合と、インプラント埋入時に同時に行う場合があります。

Page Top

インプラントに関するお問い合わせ・ご相談はこちら TEL:06-6531-6128  受付時間9:00~17:30/休診日:木・日曜日

24時間インターネットで予約受付中!