よくある質問

インプラントの気になる質問~術前について~

インプラントは誰でも治療できますか?
20歳前後で顎の骨の成長が完了しますので、健康状態がよければその頃から治療が可能です。ただし、お口の中の衛生状態が悪い方や妊娠中の方、重度の全身疾患をお持ちの方は治療できない場合もあります。
治療期間はどれくらいかかりますか?
顎の骨の状態などにより個人差がありますが、従来のインプラント法で6~12ヶ月、即時埋入法でしたら3~6ヶ月が目安になります。
治療費はどれくらいかかりますか? 
インプラントは保険治療ではなく自費治療になるので、治療内容により異なります。くわしくは料金案内をご参照ください。
身体への影響などはありますか? 
インプラントの表面に使われている材料は、人の歯や骨と同様の成分で生体になじみやすいものなので身体に影響はありません。ご安心ください。
手術の際、痛みはありますか?
手術の際は静脈鎮静法を導入しておりますので痛みは感じません。それでも不安が払拭されないようであれば、事前にご相談ください。不安を抱えたまま治療に入ることはありませんので、ご安心ください。
インプラントと入れ歯では、お口の中の感じは違いますか? 
入れ歯は種類にもよりますが、保険が適用される入れ歯を選んだ場合にはプラスチックの床部分に厚み、入れ歯を固定するために金具部分などが必要になるため、装着感がすっきりしない場合があります。一方インプラントは、人工歯が顎の骨としっかり結合しているインプラント(人工歯根)に固定されるため、異物感もなくお口の中がすっきりします。
インプラントのメリット・デメリットを教えてください。
メリット
  • 本物の歯と同じように噛める
  • 見た目が自然
  • ほかの補綴方法と違い、周りの歯に負担をかけることがない
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 重度の全身疾患がある場合、治療を行えない場合がある
インプラントの見た目ってどうですか?
顎の骨に埋め込んだ人工歯根が人工歯を支えます。固定するためのバネなどが必要ありません。また、人工歯の素材は周りの歯の色調に合わせることができますので、見た目はいたって自然に仕上がります。ご安心ください。
骨粗しょう症なのですが、インプラントに問題はありませんか?
インプラントは顎の骨の状態の良し悪しにより大きく左右されるものですが、当院ではインプラント治療にあたって顎の骨を再生させる処置を行っております。骨に問題がある方でも安心して治療に臨んでいただけます。
インプラントはどれくらいの期間使えますか? 
定期的なメインテナンス次第で長期間使用できるとされています。ご自宅でのセルフケアに加えて、歯科医院での定期検診も積極的に利用し、健康な口腔内環境を保っていきましょう。
メインテナンスについてくわしくはこちら
他院に「顎の骨が足りないからインプラントはできない」と言われてしまいました……。入れ歯にするしかないのでしょうか? 
いいえ。今では足りなくなった顎の骨を再生させることでインプラント治療は可能になります。当院では顎の骨を再生させる処置を行っていますので、他院で無理と言われてしまった方でもインプラント治療を可能にできます。その分、治療費用や治療期間はかかりますのが、自然な見た目と噛み心地を約束しますので、お気軽にご相談ください。
他院でインプラント治療をお願いしようと思ったら、検診時に「まずは歯周病の治療からだね」と言われてしまいました。本当に必要はあるのでしょうか?
歯周病は、歯ぐきや顎の骨などの歯周組織が破壊されてしまう病気です。重度になると顎の骨が溶けてしまいますので、しっかり完治させてからインプラントを埋め込まないと結局顎の骨と結合せず、入れてもすぐに抜け落ちてしまうことになるのです。そのため、歯周病が発見された場合は、インプラント治療の前に歯周病治療は必須になります。
歯周病が進行して歯が抜ける寸前と言われました……。「抜いて入れ歯にしましょう」と言われたのですが、入れ歯はちょっと……インプラントはできないのでしょうか?
担当医師が「入れ歯」を勧めたのには、2つの理由があると考えられます。1つは、顎の骨が溶けてなくなってしまっているため、インプラントを埋めたところですぐに抜け落ちてしまう可能性が高いこと。もう1つは、歯周病を重度にまで悪化させてしまった口腔内ケアや口腔内環境であれば、インプラントを長く維持することはできないだろうと考えたからだと思います。 当院では、顎の骨を再生させる治療を行っているのはもちろん、治療後のメインテナンスにも力を入れています。インプラント治療を可能にするうえ、長期間の維持を目指して患者様と二人三脚でケアにあたってまいります。
人工の歯根というものを人体に埋め込むそうですが、身体に影響はないのでしょうか?
インプラントは、生体親和性が非常に高いチタンでつくられています。チタンは金属ではありますが、歯科以外でもさまざまな医療現場で活用されており、アレルギーの症例はほとんど報告されていません。ご安心ください。
※稀にチタンアレルギーの方もいらっしゃいます。不安な方には、パッチテストを行っていますので、お気軽にお声掛けください。
抜けてしまった歯を補う治療として、入れ歯のほかにブリッジというものもあると聞きました。インプラントとどちらがいいのか迷っています……。
それぞれの治療法にはメリット・デメリットがあります。インプラントのメリット・デメリットにてご紹介しておりますので、概要をご理解いただいたうえでお選びいただければと思います。

インプラントの気になる質問~術後について~

他院でインプラント治療後すぐに人工歯が取れてしまったのですが……治療のやり直しということでまた費用がかかるのでしょうか?
すぐ取れてしまったのであれば、人工歯とインプラントの接続部分がゆるんでしまったために取れてしまった可能性があります。当院にお越しいただければ原因を明確にし、再治療を行うこともできますが、費用がかかってしまいます。まずは治療を受けた医院に相談してみてください。無償で再治療してくれる場合もあります。
インプラントは人工物でも病気になることがあると聞いたのですが、本当ですか?
はい。虫歯になることはありませんが、歯周病に似たインプラント周囲炎になることはあります。インプラント周囲炎とは、歯ぐきや顎の骨が破壊されている病気で、最悪の場合インプラントが抜け落ちます。インプラント周囲炎に注意し、これまで以上に口腔内ケアに気を配りましょう。
インプラント治療後の注意点はありますか?
これといって特にありません。ただ、長持ちさせるためには定期的なチェックとメインテナンスが必要になりますので、積極的に定期検診を受診してください。
たばこがインプラントによくないと聞いたのですが……。
たばこは歯周病(インプラント周囲炎)を招きやすいということからあまりお勧めしません、インプラント周囲炎になると最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまうことがあるのです。できるだけ禁煙を心がけましょう。
インプラントを入れた周辺の歯ぐきが腫れている気がするのですが……。
インプラントに特に不具合がなければ、インプラント周囲炎になっている可能性があります。インプラント周囲炎になると、最悪の場合せっかく入れたインプラントが抜けてしまうことがありますので、できるだけ早めにご来院ください。
「定期検診を受けてください」と言われていますが、本当に必要なんでしょうか。
はい。インプラントを長持ちさせるためには、定期的なメインテナンスは欠かせません。なぜなら、インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病に似たインプラント周囲炎になることがあるからです。インプラント周囲炎になると最悪の場合せっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまうことがあります。半年に1度でもいいので、定期検診にお越しください。
定期検診のメリットはなんですか?
インプラントを長持ちさせることができるのが最大のメリットです。その他、定期検診ではお口の中全体のチェックを行いますので、インプラントだけでなくお口全体の健康を保てるのです。
歯みがきの他に特別なお手入れは必要ですか?
インプラントのお手入れには特別なものはありません。日々の丁寧なブラッシングにあわせて歯科医院での定期的なメインテナンスを心がけてください。
チューインガムを噛んでも大丈夫ですか?
インプラントは顎の骨に強固に結合されますので、粘着力のある食べものを噛んだとしても問題ありません。お好きなものを食べていただけます。
人工歯が割れてしまいました……。どうしたらいいですか?
すぐに作り直しいたします。できるだけお早めにご予約をお取りください。なお、その際割れてしまった原因を調べるためにお口の中をチェックさせていただきます。

Page Top

インプラントに関するお問い合わせ・ご相談はこちら TEL:06-6531-6128  受付時間9:00~17:30/休診日:木・日曜日

24時間インターネットで予約受付中!