インプラント

天然歯のような自然な見た目と咬み心地を叶えるインプラント

四ツ橋駅から徒歩2分の吉川歯科医院ではインプラント治療を提供しており、抜歯したその日にインプラントを埋入できる抜歯即時埋入や、顎の骨が足りないと診断された方へのインプラント治療など、患者様のお口の状態やご要望に応じて幅広いご提案が可能です。

外科処置を伴うインプラント治療に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、当院では、安全を第一に考え、患者様がご安心して治療を受けていただけるように新しい機器を活用するなどの環境作りをしています。どうぞ安心して当院にお任せください。

歯を失った場合の治療方法

失った歯を補う治療方法としては比較的新しいインプラント治療ですが、それ以外にも入れ歯やブリッジといった昔から用いられている治療もあります。治療方法によって得られるメリットやデメリット、リスクは異なりますので、各治療方法についてよく知ったうえで最良の方法を選択しましょう。

インプラント 入れ歯 ブリッジ
イメージ図

インプラント

入れ歯

ブリッジ

メリット
  • 天然歯に近い見た目や咬み心地になる
  • 周囲の歯を削ったりダメージを与えたりすることがない
  • 当日に仮歯が入れられる治療を採用すれば、日常生活に支障が出ない
  • 咬む力がしっかり顎の骨に伝わるため、顎が痩せない
  • 治療期間が短い
  • 保険適用のものを選べば費用を抑えられる

  • 保険適用のものを選べば費用を抑えられる
  • 入れ歯よりもしっかり咬めるようになり、見た目が自然
デメリット
(リスク等)

  • 外科処置が必要
  • 自費治療のため、高額な医療費となる
  • 金具や床が見え、見た目が気になることがある
  • 装着時に違和感が生じることがある
  • 食べ物によっては咬みにくく、はずれることがある
  • 咬む力がしっかり顎の骨に伝わらないため、顎が痩せてしまう
  • 日々のお手入れや歯科医院での調整が必要
  • 支えとなる健康な歯を削らなくてはならない
  • 咬む力がしっかり顎の骨に伝わらないため、顎が痩せてしまう
  • 外科処置が必要ない

「4Sコンセプト」を大切にしたインプラント治療を行っています

Short=治療期間が短いこと
Simple=術式・治療計画がシンプルであること
Small=低侵襲(外科的な負担が少ない)であること
Safe=安全であること

当院では4Sコンセプトによるインプラント治療を実践しており、患者様への負担を最小限に抑えた安全性を考慮した治療を実現しています。歯科用CTなどの最先端設備を活用して綿密な精査・診断を行い、精密な治療計画を立てた上で安全性と確実性を備えたインプラント治療を実現しています。

多くのインプラント埋入手術、「抜歯即時インプラント」「抜歯即時インプラント即時プロビジョナルレストレーション」などの実績があり、患者様の安全を第一に考え負担の抑えた治療を可能にしています。

インプラント治療を
成功させるために

01. 豊富な実績・確かな技術力
当院のこれまでのインプラント治療実績は年間約60本以上。数多くの治療経験で培った豊富な知識と技術を駆使し、高精度のインプラント治療を実現しています。また、インプラント治療の研修・セミナーに積極的に参加して日々研鑽を積み、患者様の治療に活かしています。
02. 充実した設備・素材
当院では患者様に安心してインプラント治療を受けていただくため、さまざまな医療設備を導入。3次元の立体画像が得られる歯科用CTは的確な診断や治療に役立ちます。また、患者様の体の一部となるインプラント体は生体になじみやすく安全性の高い製品を厳選し、安心して治療をお受けいただけるよう努めています。
歯科用CT

歯科用CT

3次元の立体画像が得られる歯科用CTは、レントゲン画像では取得できなかった歯や顎の骨の詳細な立体構造や神経、血管の走行などまで正確に把握することができます。これにより、より適切な診断が可能になり治療の精度を格段に高めることができます。

メディフュージ

メディフュージ

メディフュージとは、患者様ご自身の血液中から骨の再生や傷口の治癒を促す働きのある成分「フィブリンゲル」を抽出するための機器です。メディフュージで抽出された「フィブリンゲル」には、傷の治りを早めたり骨再生を早く促したりする効果があり、外科処置をともなうインプラント治療で用いられます。フィブリンゲルは患者様ご自身の血液から作られるため、拒絶反応の心配もほぼなく、移植後の腫れや痛みをかなり軽減させることができます。

03. 即時に仮歯を入れることができる

通常のインプラント治療は抜歯後2~6ヶ月ほど治癒期間を置かなければならず、期間中は食事などに気を付けなければいけません。そこで、当院では抜歯と同時にインプラント体を埋入できる「抜歯即時埋入治療」に対応しています。治療当日に仮歯の装着までが可能になり、普段通りの食事ができます。抜歯即時埋入治療は高度なテクニックを必要とするため、対応できる医院が限られますので、ご希望の方はぜひ当院までご相談ください。

※抜歯即時埋入ができないケースもありますので、ぜひ一度ご相談ください

吉川歯科医院の
インプラントメニュー

抜歯即時埋入

抜歯と同時にインプラント体を埋め込むことができる「抜歯即時埋入治療」にも対応しています。治療当日に仮歯の装着までが可能になりしっかり咬めるので普段通りの食事が可能。また1回の外科処置で済み、患者様の身体的な負担も軽減できます。当院では「歯科用CT」や「メディフュージ」などの設備を使用し、これまでたくさんの患者様を治療した実績があります。

抜歯即時埋入加算 ¥20,000(税抜)

PICK UP抜歯即時インプラント
即時プロビジョナルレストレーションとは?

「抜歯即時インプラント即時プロビジョナルレストレーション」とは、歯を抜いた日にインプラントを埋め込み、その場でインプラントの上に装着する仮歯まで作製することができる治療方法です。通常のインプラント治療と比べて短期間で治療が完了できる、手術後の痛みや腫れが少ないなど、患者様にとってメリットの多い治療になります。

  • インプラントオーバーデンチャー

    インプラントオーバーデンチャー

    少ない本数で失った歯を補うことができ、しっかり固定されるので、取り付けた当日から緩い入れ歯でもズレることなく、咬むことができます。

  • フラップレス

    フラップレス

    フラップレスとは、歯ぐきの切開(フラップ)を行わないインプラント治療のことです。小さな穴を開けて、そこからインプラントを埋入します。これにより、手術のダメージが抑えられ、痛みや腫れ、出血を軽減することができます。

  • ショートインプラント

    長さ6~8mmの短いインプラントを埋入する治療です。インプラント治療に必要な骨の量が不足している場合、通常ソケットリフトなどの骨再生を行ってからインプラントを埋入しますが、ショートインプラントを使用することで骨再生を行わずにインプラント埋入が可能になります。これにより治療期間を大幅に短縮でき、手術の回数を減らせることで患者様の負担も軽減できます。

麻酔について

吉川歯科医院では、インプラントの外科治療において、静脈内鎮静法や局所麻酔を用いております。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、患者様の静脈内に薬剤を注入して患者様の恐怖心や痛みを軽減させる方法です。恐怖心や不安、緊張を和らげ、リラックスした状態で治療を受けることができます。ただ、眠ってしまうことはありませんので、スタッフとコミュニケーションをとることはできます。

静脈内鎮静法は、患者様の血圧や呼吸などのバイタルサインを常時監視しながらおこなう必要があり、ある程度の経験や技術が求められます。当院では麻酔科担当のスタッフがおり、患者様の循環動態をしっかりモニタリングした上で、安全な麻酔処置が可能です。

静脈鎮静法 ¥20,000(税抜)
局所麻酔

歯科治療の痛みの多くは、治療中の痛みを抑えるためにおこなう麻酔注射です。その痛みを軽減するためにおこなうのが表面麻酔です。口腔内の粘膜に塗るタイプの麻酔薬を塗ることで、麻酔針を刺し入れた時の痛みを軽減させることができます。

当院には麻酔科担当の
スタッフがいます

当院ではインプラント治療をおこなう際に静脈内麻酔をして、患者様がリラックスして治療を受けられるようにしております。そこで、重要となるのが歯科麻酔に精通したスタッフです。当院では、麻酔科に所属して経験を積んできた歯科麻酔科の歯科医師が静脈内麻酔や全身管理を担当しております。

インプラント治療の料金表

  • インプラント手術料(1本) ¥180,000~¥230,000(税抜)
    採血・骨造り ¥50,000(税抜)
    仮歯 ¥20,000(税抜)
  • 即時荷重加算 ¥30,000(税抜)
    IPI(即時暫間インプラント) ¥20,000(税抜)
    サイナス・ソケットリフト ¥50,000(税抜)

インプラント治療の症例紹介

症例1

Before

症例2 クラウン

After

症例2 クラウン 症例2 クラウン 症例2 クラウン 症例2 クラウン 症例2 クラウン
年齢 30歳
性別 女性
治療期間 2ヶ月
主訴 大変怖がりのため、ずっと歯医者に行っていなかったそうです。
職業柄、人前に立つため歯がないと困るとのことで来院されました。
治療内容 歯牙破折を起こしている歯と15年前に装着したブリッジの箇所に即時荷重・即時プロビジョナルで対応しました。
症例2

Before

症例2

After

症例2 症例2 症例2 症例2
年齢 69歳
性別 男性
治療期間 7週間
主訴 15年前に保険で入れたブリッジが咬めなくなってきたため来院されました
治療内容 残痕状態の歯を抜歯し、インプラントを即時埋入。
オペ当日に仮歯を装着。
7週間後に最終補綴物を入れて治療終了。
症例3

Before

症例3

After

症例3 症例3 症例3 症例3 症例3 症例3 症例3
年齢 85歳
性別 男性
治療期間 1日
主訴 10年前に当院でBPS義歯を作り装着していたが、体調が悪くなりなかなか通院できずにおられました。
あらためて来院され、またしっかりと咬める義歯にしたいとのことで来院されました。
治療内容 インプラントの埋入。
義歯に負荷をかけ、義歯の安定化を図る。
3か月後に再調整し治療完了。
今では調子よく義歯を使用されています。
症例4

Before

症例4 症例4 症例4 症例4

After

症例4 症例4 症例4 症例4
年齢 69歳
性別 女性
治療期間 1年6ヶ月
主訴 長年義歯を装着していたが、外出時に義歯を着脱して清掃するのが困難なため、固定式を希望され来院されました。
治療内容 義歯による咬合後継の低下の改善後、インプラントの埋入。
症例5

Before

  • 多くの歯が抜けて歯がしみるので、しみ止めの薬を使用。

    多くの歯が抜けて歯がしみるので、しみ止めの薬を使用。

  • 片顎の前歯には義歯を装着。

    片顎の前歯には義歯を装着。

  • 下の歯は治療中で奥は抜いたままの状態。

    下の歯は治療中で奥は抜いたままの状態。

arrow

After

  • 欠損部はインプラントで修復。

    欠損部はインプラントで修復。

  • 上顎の残存歯に白いセラミックの被せ物。

    上顎の残存歯に白いセラミックの被せ物。

  • 下顎欠損部はインプラント。残存歯はセラミックの被せ物。

    下顎欠損部はインプラント。残存歯はセラミックの被せ物。

年齢 70歳
性別 女性
治療期間 1年
多くの歯が抜け、しっかり咬めない状態です。
術後は義歯なしで硬い食べ物が食べられるようになりました。
症例6

Before

  • 前歯が外れ来院。金属の被せ物が目立ちます。

    前歯が外れ来院。
    金属の被せ物が目立ちます。

  • 上顎

    上顎

  • 下顎

    下顎

arrow

After

  • 欠損部はインプラントで金属部はセラミックの被せ物で自然な歯のように仕上がりました。

    欠損部はインプラントで金属部はセラミックの被せ物で自然な歯のように仕上がりました。

  • 術後

  • 術後

年齢 60歳
性別 女性
治療期間 6ヶ月
前歯がないだけでなく、金属の被せ物も目立つ状態です。
術後は色も質感も本物の歯のように仕上がりました。
症例7

Before

  • 左上の歯を被せていた箇所が、虫歯で歯牙破折で抜歯となりました。

    左上の歯を被せていた箇所が、虫歯で歯牙破折で抜歯となりました。

  • 術前

arrow

After

  • インプラント埋入、3ヶ月で最終の歯が入りました。

    インプラント埋入、3ヶ月で最終の歯が入りました。

  • 術後

歯牙破折によって上下の歯でしっかり咬めない状態です。
術後は強く咬める奥歯がよみがえりました。
症例8

Before

  • 術前

  • 術前

arrow

After

  • 術後

  • 術後

症例3と同じ患者様です。抜歯後にインプラントを埋入し、2ヶ月で最終の歯が入りました。
症例9

Before

  • 術前

  • 術前

  • 術前

arrow

After

  • 術後

  • 術後

  • 術後

治療期間 1年5ヶ月
(術前)歯医者嫌いな患者様で、前歯がぐらつき食べられないとのことで来院。上顎はインプラントで固定式に。下顎臼歯部は骨吸収が大きく、神経に近ずいしているので義歯で対応しました。4番に2本インプラントを埋入し金具無しの義歯を装着しました。
(術後)上下とも白くてきれいな歯が入りました。
症例10

Before

  • 上顎は骨隆起が左右突出して、義歯が安定不良となっていました。

    上顎は骨隆起が左右突出して、義歯が安定不良となっていました。

  • 2本のインプラントを左右に埋入。Oリングアタッチメントを装着しました。

    2本のインプラントを左右に埋入。Oリングアタッチメントを装着しました。

  • インプラントオーバーデンチャー装着前

    インプラントオーバーデンチャー装着前

  • 術中:インプラント埋入後のパノラマ写真

    術中:インプラント埋入後のパノラマ写真

arrow

After

  • インプラントオーバーデンチャー装着後

    インプラントオーバーデンチャー装着後

  • 術後

年齢 85歳
性別 男性
症例11

Before

  • 重度の歯槽膿漏で咬めないが、義歯は入れたくないとご要望でした。

    重度の歯槽膿漏で咬めないが、義歯は入れたくないとご要望でした。

  • 下顎前歯も動揺が強く固定が必要です。

    下顎前歯も動揺が強く固定が必要です。

arrow

After

  • 欠損部はインプラント、下顎前肢はジルコニアブリッジで歯を被せました。

    欠損部はインプラント、下顎前肢はジルコニアブリッジで歯を被せました。

  • 臼歯部はインプラントを埋入し、仮歯を半年入れて最後にジルコニアを装着しました。

    臼歯部はインプラントを埋入し、仮歯を半年入れて最後にジルコニアを装着しました。